行者還トンネル 天川村は大賑わい

オイドン&イシコです。

猛暑が続くお盆ですが、例年は帰省して九州にいるはずなんですが、帰省自粛ということで家にいても涼しくないのでイシコが涼しいところに行こうと言い出しました。
この前は、大塔のダムから野迫川村でしたが、今度は東に向かい天川村から行者還トンネルまで行ってみることにしました。

行者還トンネルは紅葉の季節の恒例となっておりますが、この夏の時期は実家に帰省しているために行ったことがありません。

この前の記事で話題にした。阪本の橋の工事現場です。大塔の道の駅から猿谷の貯水池に降りたところです。正面で架橋工事をしていますが、この橋を持ち上げるてトンネルにつなげるようです。

f:id:oidonoyaji:20200816105640j:plain

左に曲がり古い橋を渡ると突き当りの風情のある旅館です。

f:id:oidonoyaji:20200816105656j:plain

トンネルもできてないみたいですので、開通はまだまだ先のことでしょうね。

f:id:oidonoyaji:20200816105713j:plain

7時半くらいですが、すでに汗ばむ温度です。

 

f:id:oidonoyaji:20200816105727j:plain

いい天気ですが、気温は上がりそうな予感です。

f:id:oidonoyaji:20200816105743j:plain

イシコと出発しました。日差しは暑いのでなるべく木陰の場所を通るようにします。

f:id:oidonoyaji:20200816105800j:plain

不動滝もスルーしました。

f:id:oidonoyaji:20200816105813j:plain

なんかやたらと車が多いです。それもワンボックスとかSUVとか家族連れの車ですね。通りすがりのキャンプ場は、いっぱいでした。(@_@)

f:id:oidonoyaji:20200816105825j:plain

天川村までこんな景色の中を走ります。

f:id:oidonoyaji:20200816105841j:plain

天川村のローソンもどき・・・いやいや失礼・・森田商店で休憩しました。
で、みたらい渓谷の駐車場がいっぱいのようです。朝の9時ですけど、、、

f:id:oidonoyaji:20200816105859j:plain

おにぎりと水分を補給しました。

f:id:oidonoyaji:20200816105917j:plain

行者にぎり・・・オイドンにはちょっと足りないかな。

f:id:oidonoyaji:20200816105938j:plain

f:id:oidonoyaji:20200816121930j:plain

お店を出発してすでに車が並んでいました。

f:id:oidonoyaji:20200816105951j:plain

自転車はOKで、すいすいと進みます。

f:id:oidonoyaji:20200816110006j:plain

みたらい渓谷を過ぎても路肩に車がたくさん駐車していて、普段でも細い道がさらに狭くなっています。車どうしの交差のために随分止まりました。

f:id:oidonoyaji:20200816110018j:plain

ある程度いくといつもの行者還トンネルの道の雰囲気になりました。
これでも国道309号線だからね!!

f:id:oidonoyaji:20200816110031j:plain

赤いカエル発見・・・1cmくらいのやつです。

f:id:oidonoyaji:20200816110139j:plain

 

f:id:oidonoyaji:20200816110402j:plain

川迫ダム?を越えて進みます。だんだんと涼しくなってきました。

f:id:oidonoyaji:20200816110420j:plain

川迫川の支流に沿って登ります。
そんなにきつくはありませんが、暑さに備えてゆっくり登ります。

f:id:oidonoyaji:20200816110437j:plain

秘境は言い過ぎですかね。
車も少ないし携帯の電波も届かないし、なんか獣がでてきそうです。
そうそうクマよけの鈴は鳴らしてました。

f:id:oidonoyaji:20200816110451j:plain

秋に来ると、左側の山は紅葉しているのですが、緑に覆われているのは初めてです。
この季節、来ることはないしね。

f:id:oidonoyaji:20200816110516j:plain

最後の踏ん張りです。最後の登りがきついです。

f:id:oidonoyaji:20200816110548j:plain

トンネルに到着~。
トンネルに入ると涼しい風が吹いています。体感としては25℃以下ではないでしょうか。涼しいというよりちょっと寒いかな。

f:id:oidonoyaji:20200816110602j:plain

帰り道です。夏の雲ですね。

f:id:oidonoyaji:20200816110616j:plain

天川村に戻ってきました。下界はこんな温度です。

f:id:oidonoyaji:20200816110631j:plain

BBQのいい匂い・・・そそられますが、帰りを急ぎます。
おらもお肉食いたい・・・

f:id:oidonoyaji:20200816110645j:plain

天川村のお店の人の話では、今年の人出は例年になく多いとのことです。
村の入口の309号線で長い渋滞が発生したとのことです。
こんなことは初めてということです。やはりコロナの影響ですかね。
 みなさん、帰省自粛で近場で楽しんでるんですね。

f:id:oidonoyaji:20200816110716j:plain

橋本のSORAさんで、パンを購入して帰宅しました。

f:id:oidonoyaji:20200816110729j:plain

 80kmぐらいでした。
行者還トンネルの入り口の標高 1110mとのことです。
おお、1000m越えました。\(^o^)/

 ルートハブ β版です。片道ですが、

獲得標高はちと凄いことになってます。

 

野迫川村 はる。さんと

オイドンです。

猛暑が続きますが、皆様お元気でしょうか。

どこか涼しいところに行こうということで、はる。さんと野迫川村へ行くことになりました。自走では無理なので大塔のダムの駐車場にデポします。

オイドンが、カメラのSDカードを忘れて、スマホの写真しかありません。(T_T)

f:id:oidonoyaji:20200815103219j:plain

出発です。気温は30℃を越えてる感じです。

f:id:oidonoyaji:20200815103246j:plain

長い厳しい登りを越えて昭和食堂に着きました。

f:id:oidonoyaji:20200815103348j:plain

営業はしてないみたいです。

f:id:oidonoyaji:20200815103411j:plain

暫く走って、高野山方面と野迫川村役場方面への分岐です。

再び厳しい登りが始まります。733号線です。

f:id:oidonoyaji:20200815103431j:plain

日差しが厳しく汗だくになりながらです。景色はこんな感じです。

f:id:oidonoyaji:20200815103447j:plain

 

f:id:oidonoyaji:20200815105604j:plain

野迫川村の小中学校の先でトイレ休憩し補給をとりましたが、

小さな看板が、、、、

f:id:oidonoyaji:20200815103507j:plain

この先行こうと思っていた734号線が通行止めとのことです。
近くの食堂で情報を得ましたが、734号は行かんほうがいいよということでした。
で、急遽、途中から林道平川釜落線を走ることにしました。・・・
これがまたいい道で最初は13%に近い斜度の坂を登ることになりました・・・
林道といいながらすべて舗装道路で、なかなかの雰囲気の道です。
もう笑うことしかない坂でしたが、後半は落ち着いた斜度でした。

f:id:oidonoyaji:20200815103530j:plain

登るごとに涼しくなっていくのが分かります。

f:id:oidonoyaji:20200815103616j:plain

なんとか猿谷ダムの駐車場に到着し、帰ることにしました。
で、なんと168号線の阪本の交差点付近に新たな橋の工事が進んでいました。
この右側のちょと高いところにトンネルの工事があり、この橋は持ち上げられてトンネルつなげるみたいです。ここらあたりも雰囲気が変わりそうです。

昔の風情が消えてしまうのかな、突き当りの旅館とか雰囲気ありすぎですもんね。

f:id:oidonoyaji:20200815103644j:plain

途中でコンビニにより補給して帰りました。
SDカードを忘れたオイドンが悪いですが、画僧が少なく申し訳ないです。
いっぱい何かと事件はありましたが、今時は涼をもとめるなら登るしかないように感じます。

汗だくの一日でした。

金剛山ロープウェイ

オイドンです。

とある日曜日 空模様は怪しいですが、金剛山ロープウェイまで行くことにしました。

f:id:oidonoyaji:20200714091813j:plain

久々のロープウェイの登りで体力に不安がありますが、行けるところまでということで、森屋の交差点から登ります。先客さんがいらっしゃいましたが、付いていかずにマイペースです。後半が心配。

f:id:oidonoyaji:20200714085110j:plain

やはり雲行きは怪しい、その時はありがたく撤退することにして、ゆっくり行きます。

f:id:oidonoyaji:20200714085514j:plain

千早川もちょと増水しています。水も濁ってますね。

f:id:oidonoyaji:20200714085526j:plain

気温は24℃らしいですが、湿気が凄くてすでに汗だくです。
登りの右カーブ2か所にキャッツアイが埋め込まれているのですが、登山客の車はキャッツアイに乗るのを嫌がって幅寄せしてくることがあるので、この右カーブは早く抜けようと焦ります。心拍も上がります。キャッツアイ撤去してくれんかなぁ。
f:id:oidonoyaji:20200714085540j:plain

緑はきれいです。もう少しです。

f:id:oidonoyaji:20200714085554j:plain

ウッディハートさんは車でいっぱいでした。
その先の緑のトンネル。好きなところですが、これから最後まできつくなります。

f:id:oidonoyaji:20200714085630j:plain

もうヘロヘロで限界に近い状態です。自粛生活で筋力・心肺機能ともに随分と落ちていることを感じます。歳だしね。一応、証拠写真をカーブミラーで写しこんで到着・・・

f:id:oidonoyaji:20200714085641j:plain

スポーツドリンクを補給して、下りました。汗だくなので冷えて寒いくらいでしたが、久々のダウンヒルは快適でした。

f:id:oidonoyaji:20200714085654j:plain

向かい風の中、石川の河川敷を通って帰りました。
途中で大きな蛇を踏みそうになりました。たぶん、アオダイショウだと思います。
蛇さんたちも元気な季節になってきました。あまり出会いたくないですね。

久々のロープウェイで、かえってシャワー後にビールもどきをいただきました。

43kmくらいでした。

梅雨の晴れ間

いしこです。

職場の改修工事で7.8月と休みになりました。コロナでの休みはアルバムの整理などで過ごしました。今回は何しましょ…

娘には自転車以外の趣味を持つように勧められています。

明日からは梅雨らしい天気なのでMTBで少し走りました。

f:id:oidonoyaji:20200702192753j:plain

龍泉のオレンジ園より金剛山方面

何年か前、大台ケ原ヒルクライムの練習でかんぽの宿まで上っていました。

今日は途中のオレンジ園で一休み。

とっても気持ちよかった。

 

西恩寺 汗かきポタ

昨夜は、ヒイカの煮つけを作ってもらいました。
グビッっと呑みました。
オイドンは、火水木と休みです。
イシコは、仕事場の改築工事があるとのことで、2か月間休みです。
これは、体力をつけなければと思っているところですが、呑みはやめられません。

f:id:oidonoyaji:20200701195817j:plain

子どもたちが出勤・登校した後に、金剛トンネルまでくらいまでは走ろうかというイシコの強い意志のもとイヤイヤ準備をして出発したオイドンでした。

f:id:oidonoyaji:20200701195832j:plain

昨日の雨と強風のあと、湿度が半端じゃありません。
汗がドバっと出ます。蝉の鳴き声が朝聞こえました。夏ですね。

汗がショッパイです。運動してないもんね。

f:id:oidonoyaji:20200701195846j:plain

天気はいいのですが、湿度が高いです。イシコが遅れます。いつものことですけどね。

f:id:oidonoyaji:20200701195859j:plain

オイドン&イシコの好きな甘南備の坂です。緑がきれいです。
適度な勾配の坂がクネクネと続きます。

f:id:oidonoyaji:20200701195914j:plain

イシコは今日は頑張れないようです。小さく見えます。

f:id:oidonoyaji:20200701195926j:plain

28℃もあります。蒸し暑いです。
年齢的に応えます。オイドンもどうしようかと思っていました。

f:id:oidonoyaji:20200701195940j:plain

西恩寺で休憩です。
いいところです。今は緑がきれいです。秋は、紅葉の穴場です。

もう嫌や というイシコです。
ちょいふてくされ系のように見えますが、その通りです。

f:id:oidonoyaji:20200701195951j:plain

トンネルまでは無理 ということらしいです。
戻ることにしました。長い休憩をしました。

f:id:oidonoyaji:20200701200049j:plain

帰りは、小吹台への抜け道です。郵便局の配達の人に教えてもらった道です。

f:id:oidonoyaji:20200701200103j:plain

小吹台への分岐にあるラスクの専門店に寄りました。
お店の写真を忘れました。ほぼ工房という感じです。

以前に千早赤阪村でいただいたことがあります。
ショウガ味とシナモン味をいただきました。
たくさん種類がありました。
はちみつ味とか千早赤阪村米粉のラスクとかありました。
f:id:oidonoyaji:20200701200115j:plain

帰ってアイスコーヒーでいただきます。
 それがこれです。

しょうがの辛さとシナモンの香りがコーヒーにあいます。美味しかったです。

f:id:oidonoyaji:20200701200127j:plain

 コーヒーは、WAKOさんのアイスコーヒーの豆で淹れました。
最近コーヒーにはちょっとうるさいオイドンです。

26kmくらいでした。朝練と同じくらいの距離で終わりです。

走る気持ちは、持ち続けたいですけど、年齢的に乗るという気持ちが弱くなっている気がします。

乗ると気持ちがいいのですが、忘れちゃうんですかね。
島田さんの凄さが分かります。

雨上がり アルチェ郡山ポタ 

お天気がどうなるか心配でしたが、テルさん企画のアルチェ自粛明けポタは、出発時間を遅らせての短めの行程での実施となりました。

大和郡山市のファミリー公園の駐車場にデポします。
こんなところがあったのかと驚きです。

浄水場に隣接する広大な公園ですが、この南側の道は通ったことがありましたが、こんなところとは知りませんでした。

f:id:oidonoyaji:20200701141041j:plain

マックさん、ガミさん、テルさん、さくらさん、なんかお久しぶりです。

f:id:oidonoyaji:20200701164923j:plain

エリさんは、ちょっと離れた駐車場で合流しました。
テルさんがマップに最初に集合場所としてマークしたのがここでした。
f:id:oidonoyaji:20200701141143j:plain

川沿いの自転車道を走ります。こんな道があったのか!
走らないうちに新しい自転車道ができています。

f:id:oidonoyaji:20200701141153j:plain

ここは一般道です。

f:id:oidonoyaji:20200701141234j:plain

ロールケーキで有名な銀河工場は開店前でした。残念。

f:id:oidonoyaji:20200701141331j:plain

今回は9名の参加です。

f:id:oidonoyaji:20200701141345j:plain

どこをどう走ったのか、わからないうちに・・・

f:id:oidonoyaji:20200701143446j:plain

見たことがあるところ・・・

電話ボックスの金魚の水槽があったところです。いまは撤去されているみたいです。
このカフェのアフォガードというアイスのコーヒーかけたものをいただいたことがあります。うまかったです。今回はスルーです。

f:id:oidonoyaji:20200701143703j:plain

古い柳町商店街を抜けて

f:id:oidonoyaji:20200701141404j:plain

くねくねと町並みに入り込んで、こんなところに来ました。

町家物語館というところで、登録有形文化財「旧川本家住宅」らしいです。 

f:id:oidonoyaji:20200701141426j:plain

立派な木造の建物です。

f:id:oidonoyaji:20200701141443j:plain

もと遊郭の建物だったらしく

f:id:oidonoyaji:20200701141540j:plain

内装も立派です。あちこちに手の込んだ細工がしてあります。
お金をかけて作った立派な建築です。

f:id:oidonoyaji:20200701141601j:plain

2階3階には3畳ほどの部屋が並んでいました。

f:id:oidonoyaji:20200701150842j:plain

1階の部屋には、遊女たちの食器などを入れる棚があり、それぞれに名前の書かれた古い紙が貼ってありました。彼女たちはここでどんな思いをしてどのような生活をしていたのか、ちょっと切ない思いになったオイドンでした。

f:id:oidonoyaji:20200701151110j:plain

外にはハート形の明り取りの窓があり、おしゃれな感じですが・・・

f:id:oidonoyaji:20200701141614j:plain

すぐそばにある源九郎稲荷神社でお参りをして、

f:id:oidonoyaji:20200701141630j:plain

大和民族公園に行きました。イチゴさんと合流しました。

f:id:oidonoyaji:20200701141701j:plain

アジサイにはちょっと早い感じでした。

f:id:oidonoyaji:20200701141713j:plain

近くの 大和郡山カフェ&カレーGIGIで昼食です。

f:id:oidonoyaji:20200701141847j:plain

サラダがついてきます。

f:id:oidonoyaji:20200701141907j:plain

スパイシーな「赤」 大辛の大盛りを選びました。
美味しかったです。辛さの中にコクがあり、あっという間にごちそうさまでした。

f:id:oidonoyaji:20200701141920j:plain

駐車場にもどります。
朝の雨で随分と距離が短くなりましたが、久しぶりにみなさんにお会いできて、楽しかったです。

f:id:oidonoyaji:20200701141935j:plain

次は、エリさんの地元の上北山村でのBBQということで話が決まりました。
楽しみですね。

f:id:oidonoyaji:20200701141949j:plain

 26km弱でしたが、楽しいポタでした。

はるさん。と富貴から玉川峡 

とある水曜日、休みが重なったので はるさん。(はるさんは、はる○さんだそうです)と走ることにしました。

お久しぶりのはるさん。は、サカタニのジャージです。
オイドンはSIDIでの初長距離ということでワクワクしてます。
九度山の道の駅にデポしました。

 

f:id:oidonoyaji:20200618145101j:plain

 オイドン今日はskyの古い新人賞ジャージです。かな?
これは、イシコがはるさん。の旦那さんにいただいたものです。
夏はやはり白基調ですよね。ツール新人賞だもんね。若いから・・・・(誰がじゃ)

ツールの季節のはずなんだけどね。(T_T)


長年ツールを見てきて、いいなあと思うジャージは、ファビアン・カンチェラーラのサクソバンクのスイスチャンピオンジャージだと思っています。ジャージは持ってないけどあのころのカンチェラーラは凄かったな。電動疑惑もあったもんね。バッタモンでも探そうかな。

f:id:oidonoyaji:20200618192538j:plain

でも、オイドンの大好きな選手は、やはりミゲール・インデュラインです。
もう強かった。早かった。バネストのジャージなんて、もう古いですよね。

ツール・ド・フランス2020について、https://www.cyclesports.jp/news/race/21352/

新型コロナウイルスSARS-CoV-2)のパンデミック(世界的流行)の影響で、6月27日から7月19日の日程で開催される予定だった今年のツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は延期となり、8月29日から9月20日の日程で開催されることになった。

とのこと・・・真夏の風物詩は、残暑の風物詩になるかな。暑い中のツール・ド・フランスが当たり前だったけど、ヒマワリ畑の風景は見られないでしょうか。

j-SPORTの契約は8月の終わりからだな。
スカパーは2000年くらいからやってるから、20年くらいになるなぁ。

さて、今回のポタですが。
めちゃくちゃいい天気です。でも気温が上がり真夏日とのこと。
高いところにいって涼しんでこようと思っています。

f:id:oidonoyaji:20200618145113j:plain

紀ノ川沿いの自転車道路です。短い区間ですが車を気にせずにゆったりと走れます。
初老のオイドンにとっては、最適の道です。

f:id:oidonoyaji:20200618145123j:plain

 おねー様たちは、またりと走っています。

f:id:oidonoyaji:20200618150900j:plain

県道55号線を東に進み奈良県に入ってすぐの火打の交差点を右折し737号線に入ります。ここから10kmほどの登りが徐々に始まります。 

f:id:oidonoyaji:20200618145211j:plain

金剛山をバックに登ります。最近太陽光発電の施設ができています。
ここを過ぎると細い道が谷沿いに続きます。 

f:id:oidonoyaji:20200618145319j:plain

こんな感じです。緩い登りですが、長々と続きます。

f:id:oidonoyaji:20200618145340j:plain

景色は最高です。緑がきれいです。車も少ないし登りもそんなにきつくないし、肌に感じる風と鳥の声と緑と非日常の世界が広がります。

f:id:oidonoyaji:20200618145401j:plain

きつくても10%ほどの短い登りがあるくらいのようです。
はるさん。が斜度を教えてくれました。

f:id:oidonoyaji:20200618145446j:plain

 後半に入る目印、オイドン&イシコがステンレス鳥居と呼ぶところです。
どんな神様が祀ってあるのか知りませんが、通りすがりながらの安全祈願です。

f:id:oidonoyaji:20200618145427j:plain

登りの後半の目印、木材運搬用のロープウェイです。使っているところを見たことがありませんが、あと少しという目印になります。
何回か左カーブで騙されますので、ご注意ください。似たようなカーブが2か所ほどあります。

そして、後半残り少しのところでの休憩ポイント、奈良県和歌山県の県境にある給水ポイントです。渓谷の水がホースで流れ出てきます。飲料水には使いませんが、非常に冷たいので、頭からかぶったりします。でも水量が凄いのでびしょ濡れになったりします。

f:id:oidonoyaji:20200618152051j:plain

ここから短い勾配のきつい坂があり、富貴に到着します。
出迎えてくれる看板です。

f:id:oidonoyaji:20200618145504j:plain

ちょっとした平地が広がっています。

f:id:oidonoyaji:20200618145545j:plain

古い町並みです。歴史ある土地なのでしょうね。
良さげなところです、住んでみたい気もありますが、不便さは覚悟しなくてはならないのでしょうね。

f:id:oidonoyaji:20200618145613j:plain

高野町富貴高齢者福祉センターでトイレ休憩です。
持ってきたおにぎりの補給をしました。
そうなんです。このコースは食べ物を補給するところがないのです。
空飛ぶパン屋とか開いていたらいいのですが、ほとんどお店がありません。
おにぎりと若干の補給食を用意しています。
水分補給はこの富貴には自販機があります。
雑貨屋みたいなお店はありますが、はいったことはありません。

f:id:oidonoyaji:20200618145631j:plain

不定期に開店するパン屋さんの空飛ぶパン窯です。
ご無沙汰をしておりますが、本日も閉店中でした。

f:id:oidonoyaji:20200618145647j:plain

富貴にきたら記念写真をとるところがここです。

「成金」の停留所です。ここで写真をとると成金になれるらしいですが、オイドンはたぶんなれないでしょう。(*´ω`*)

f:id:oidonoyaji:20200618145709j:plain

心地よい下りの道が続きます。

f:id:oidonoyaji:20200618145727j:plain

小川沿いの車の来ない下り坂です。気温も涼しく感じる気温です。
素敵な道です。

以前は熊注意の看板がありましたが、今回は気づきませんでした。
クマよけの鈴も鳴らしながら走ります。
当然スマホの電波は入りません。
なにかあったら、通りすがりの車にお願いするしかないですね。

f:id:oidonoyaji:20200618145806j:plain

出屋敷峠への道732号と733号の分岐にある以前はレストランだったところ。
今はカフェらしいです。立ち寄ってみましたが人影がなく鍵がかかっていました。

f:id:oidonoyaji:20200618145836j:plain

これまた素敵なところですけどね。

f:id:oidonoyaji:20200618145859j:plain

733号を丹生川沿いに軽快に下ります。

途中で丹生川を渡った橋の先の大橋商店に自販機があります。数年前大橋商店でアイスを食べたことがあります。大橋商店の先で右折します。直進すると733号線で激坂となり野迫川村へと向かいます。大台ケ原の練習にはいい坂だと思いますが、今回はやめといて、丹生川沿いを走り、玉川峡へと向かいます。

新緑のなか快走します。

f:id:oidonoyaji:20200618145917j:plain

国道371号線に合流します。左に行けば激坂で高野山です。
二度と行きたくない坂です。

f:id:oidonoyaji:20200618164137j:plain

丹生川沿いを走って、玉川峡への分岐です。

県道102号線に入ります。
下るにつれてちょと気温が上がってきました。

f:id:oidonoyaji:20200618145932j:plain

もぐもぐタイムです。

f:id:oidonoyaji:20200618145946j:plain

 オイドンの画像が少ないので、白髪あたまの写真を紹介します。
こんな感じで走っています。

f:id:oidonoyaji:20200618164626j:plain

はるさん。が先頭を引きます。

f:id:oidonoyaji:20200618164942j:plain

赤瀬橋です。直進で九度山の街にでます。左折すると高野山へ向かいます。
高野山へはもう少し体力をつけなければ、行けないですね。(@_@)
行きたそうな二人ですが、直進します。

f:id:oidonoyaji:20200618165227j:plain

てなことで、九度山の道の駅に到着し、車に自転車を載せて出発、途中でやっちょん広場という地元の物を販売しているところに寄り、夕飯のお買い物とをして帰りました。

f:id:oidonoyaji:20200618165445j:plain

今回のコースは、最初に富貴への登りがあり、その後は快適に下りのコースです。
丹生川沿いの涼しく所々でカジカガエルの鳴き声が聞こえて癒されるコースです。

車の通行量は極めて少なく、カーブでの確認を怠らなければ、快適に走られるコースですが、なにかあっても電波が届いていないところが多く携帯電話は使えないです。


帰宅後はシャワーを浴びて、明るいうちから第3のビール(リキュール類だよ)を呑んで寝ました。適度な疲れが心地いいです。

で、SIDIはどうだったの?

うむ、、、、忘れてた。あまりに軽快すぎて、、、